ワケあり食品専門店エコロマルシェ

フードリカバリープロジェクト

フードリカバリーとは?

近年「寄付」による食品ロス削減が活発化

今、国内ではフードバンクやフードドライブ、さらに近年ではフードパントリーといった言葉を耳にする機会が増えてきました。これらは「寄付」による食品ロス削減への取り組みであり、生活困窮者を支援する活動と絡めて行なわれている事が多いようです。

具体的には、企業や一般の方から余った食材などを寄付してもらい、それらを各地に広まりつつあるこども食堂などに分配し、格安で食事を提供するという活動です。
生活困窮に陥ってしまった人々に救いの手を差し伸べるのと同時に食品ロス削減にも貢献できるという、とても素晴らしい取り組みであり、ここ数年非常に注目を集めています。 まさに慈善事業のお手本と言えるでしょう。

それぞれの言葉には明確な定義はないようですが、各活動団体などからの情報を集約すると概ね次の通りです。

【フードバンク】
主に食品メーカーなどから製造過程で発生した売り物にならない食品を引き取り、それらを必要としている施設や団体に配分する活動、または活動する団体
【フードドライブ】
主に各家庭で食べきれずに余ってしまった食品を持ち寄り、それらを必要としている施設や団体に(時としてフードバンクを通じて)配分する活動。
【フードパントリー】
経済的困窮により食糧支援を必要としている家庭に、直接食品などを提供する活動。

どれも少しずつ違いがあるようですが、大枠では似ている活動です。強いて言えば、フードパントリーだけは食品ロス削減と直接的な繋がりはなさそうです。
また、全てに共通して言える事は、ほとんどの場合で賞味期限切れの食品は受け入れていないようです。様々な情報を見ている限りでは、受け入れは賞味期限が3ヶ月程度残っている物に限っているところが多いようです。

フードリカバリーとは?

一方エコロマルシェでは、まだ食べられるのに様々な理由で廃棄されそうな食品を回収して販売する事により、少しでも多くの消費者に食べていただくという、いわゆる「再流通」による食品ロス削減を目指しています。
再流通させるという事は経済活動に繋がりますので、寄付とは違った面で一定の役割を果たすものと考えています。

私たちはこの取り組みを「フードリカバリー」と名付け、メーカー・問屋・スーパー・個人商店などに働きかけ、食品廃棄を食い止める活動をしています。 今までコストをかけて廃棄処分していた、賞味期限切れ商品をはじめとした通常の流通から漏れてしまったワケあり品を引き取らせていただいています。

ワケあり品の、特に賞味期限切れ商品の再流通については、安全性の確保・製造者責任・ブランド価値保護・価格破壊防止などの観点から、まだまだ慎重な意見が多く、積極的な取り組み例は少ないのが現状です。

無償提供していただいた商品を販売する事についてはご批判もあるかもしれません。子ども食堂などが、寄付してもらった食材で作った料理を有料で提供しているのと同様に、私たちも運営費を必要としています。売上金はその費用に充てさせていただいておりますので、ご理解いただけると幸いです。

国民一人一人がほんの少しだけ今より食品ロス削減を意識するだけで、日本全体がほんの少し前に進むのです。その積み重ねがやがて大きな力となると信じて活動を続けたいと思っています。 将来的には、農産物や水産物のフードリカバリーも実現させ、生産者の皆様の応援もできたらと考えています。

フードリカバリープロジェクト

単独ではなくチームでの活動へ

2019年11月のオープン以来、エコロマルシェは多くの方々にご協力いただきながら単独で活動していましたが、その中で特に共感してくださった方々と共に「フードリカバリープロジェクト」を立ち上げ、より一層活動を広げる事になりました。

最初は小さなスタートですが、活動の輪を少しずつ広げていきたいと考えています。

フードリカバリープロジェクト加盟店
本部 生鮮スーパーゼンエー埼玉県草加市清門2-42-14048-942-5009
東京支部 エコロマルシェ東京都北区浮間4-31-903-6753-1302
大阪支部 もったいない市場大阪府大阪市淀川区三津屋北2-10-1406-6195-2556

プロジェクト協力店募集

食品や飲料を扱っている多くの企業様では、破損・出荷期限切れ・賞味期限切れなど様々な理由から、まだ食べられるにもかかわらず廃棄する事を余儀なくされているケースが少なからずあるかと思います。
廃棄するにしても、それには多大な手間とコストがかかり、大きな負担となっている事でしょう。

また、食品関連以外の企業様も災害備蓄品などを入れ替える際に、期限が切れてしまう備蓄品の処理にお困りではないでしょうか?

つきましては、そういった食品をご提供いただける企業様・店舗様を募集します。面倒な手続きは一切不要です。最初にメールや電話などで、協力店としての参加表明をしていただくだけです。その後は廃棄予定商品が出た際にご連絡いただければ、近隣エリアの場合は回収に伺います。遠方エリアの場合はお手数ですが着払いにてお送りください。また、大量の場合は別途ご相談ください。

SDGsが目標12第3項で掲げる「2030年までに食品廃棄物を半減させる」という目標達成のためには、多くの方のお力が必要です。個々ではたとえ微力でも、それらを結集させればきっと大きな力になるはずです!皆で力を合わせて大きな目標を実現させましょう!是非ご協力ください!!